過去の選択の理由や意図が判らない…

前任者の移動・配置換え・退職などで、担当変更がされた場合や出願から5年以上経った拒絶など時間があいてしまった場合、過去に行われた処理の背景や理由、意図が判らず、どのように対応したら良いか困ることはありませんか?

このような場合、背景や経緯を把握するために、多くの時間がかかってしまい、最終的な判断を下すのに半日以上かかってしまうこともあるのではないでしょうか?

しかも、当時の関係者や資料が残っていれば良いのですが、どのような資料が、どこにあるのか判らない、更には、関係者が誰かも判らない なんて言うご経験をしたことはありませんか?

その都度、電子化されていない書類を漁ってみたり、当時の状況を知りそうな人に聞きまわるも、徒労に終わり、表面上の情報だけで判断せざるを得ないことが多々あると思います。